海外では一般的? 「コミュニケーションマネジャー」解説の納得感

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

『ダイヤモンド・オンライン』の中で『テレワークで意思疎通がうまくいかない会社に「足りない人材」とは』の記事がありました。

この記事によると、海外の組織では「コミュニケーションマネジャー」というポジションがあるそうです。

コロナ禍以降、会社によって大きく環境は異なるものの、「普及が進んだ」のは間違いないでしょう。

日本でもコミュニケーションマネジャーの存在が広がっていく可能性を含め、当記事から感じることをお伝えします。

(以下工事中)

この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

Copyright© 男性事務仕事の勘所 , 2022 All Rights Reserved.