「エスカレーター は立ち止まって乗る」は広がらない! 新たな“正義”のぶつかり合いになる理由

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

どうも。

ジドウ( @jidou_jimu )です。

2018年12月17日の東京駅で、見慣れない光景がありました。

「エスカレーターは立ち止まって乗る」東京駅で呼びかけという試みです。

実際にそのエスカレーターの乗った時の様子です。

普段より右側を歩くことには躊躇するものの、右側に立つ勇気などなく左側に立つ人が大半でした。

さらに、エスカレーターの乗り方に関して、「(関東の場合)右側を空けろ」と「2列に並べ」の考え方は真っ向から対立しています。

お互いに“正義”だとそれぞれが信じているわけですから、駅構内で起こる新たなケンカの原因になってもふしぎではありません。

それではまた別の記事でお会いしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。
スポンサーリンク

Copyright© 男性事務仕事の勘所 , 2018 All Rights Reserved.