「将来安定する仕事」に資格試験を想定している大学生のあなたへ

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

※本記事は本文準備中です。しばらくお待ちください。

どうも。

ジドウ( @jidou_jimu )です。

大学生にもなると、かなり現実的に将来のことを考えるようになりますね。

その中で、分野によって流行り廃りはあっても「資格を取る」のは人気の選択肢です。

ただ、「資格を取れば大丈夫」「将来安泰」という時代でもなくなったのは多くの人が感じているところでしょう。

難関資格は将来も安定しているのか?

本文準備中

「試験に合格したらその業界で働く」イメージを持っておく

本当に当たり前のことですが、司法試験や公認会計士試験といった、その試験に合格することが大前提の資格を筆頭に、将来はその仕事をすることになるわけです。

ここで大事なことは、きちんとその業界で働くことができるのかを考えること。

例えば、司法試験はどうでしょうか?

弁護士も検事も裁判官も、刑事や民事といった違いはあれ“争いごと”の準備や解決がメインとなります。

そのプロセスにやりがいを見出すことができる人はいいでしょう。

しかし、この手の話にストレスを感じる人にとっては過酷としか言いようがありません。

少なくともわたしは心穏やかに日常を過ごしたいタイプなので、とてもじゃありませんが耐えられなかったはずです。

資格試験の目標はあくまでも「合格」であること

このように、合格後に当該業界で働く仕事については、イメージが大切です。

とはいえ、目先の目標はあくまでも「合格」。

このあたりを割り切らないと、「目指している自分がかっこいい」という謎のプライドをまとった“残念な長期受験生”が誕生します。

資格試験予備校には、普段の答案練習(答練)や模試で高得点を取るものの合格できない人がいます。

ひどい場合は入門者に勉強方法などについて“ご高説”を垂れる人までいるので注意したいものです。

合格してもしなくてもそれはベストな結果

本文準備中

難関資格試験合格は「パスポート」になる

本文準備中

この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。
スポンサーリンク

Copyright© 男性事務仕事の勘所 , 2018 All Rights Reserved.