仕事の進め方・基本から効率化〜振り返りまで【まとめ】

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

※本記事は準備中です。しばらくお待ちください。

仕事の進め方が話題になる時、そこには複数の意味が存在します。

必要な部分について強化することで、仕事の質が向上したりスピードアップすることもあるでしょう。

ここでは「段取り」と「効率化」を中心に仕事の進め方を考えていきます。

(※目次の項目をクリックすると、その箇所をすぐに読めます)

仕事の進め方は「段取り」の良し悪しにに左右される

仕事の進め方において「段取り」の良し悪しは重要な項目です。

ここでは段取りについての考え方をお伝えします。

完璧主義を捨てる「成果」の意味を確認する

段取りが悪い人ほど、仕事に対して完璧さを求める一方で第一歩が踏み出せないことがあります。

有効なのは完璧主義を捨てた上で、「成果」を出すための仕事を意識すること。

目的と手段を明確にしましょう。

仕事のゴールと全体像を把握する

そのためには

  • 仕事のゴール
  • 仕事の全体像

を把握する必要があります。

新たな仕事の場合なかなか難しいシーンはあるものの、まずは意識するだけでも結果は変わってきます。

現在地の確認は定期的に行ってください。

仕事をリスト化する・分類する(優先順位の把握を含む)

仕事のゴールが分かれば、

  • 必要な仕事をリスト化し、
  • 優先順位の把握を含めて分類

します。

効率的な時間管理の方法を探る(手待ち・ボトルネックの最小化)

自分自身にすべての裁量がある仕事は少ないものです。

何らかのカタチで会社内外の人と関わることになるでしょう。

そんな時、効率的な時間管理は永遠の研究課題になります。

行動しながら効率化のための改善をする

仕事の質向上に熱心なのは素晴らしいことです。

ただし完璧を求めるあまり行動が止まるのは考えもの。

失敗は起こるものとして、行動しながら効率化のために改善をしましょう。

「PDCAサイクルを“回す”」とはよくいったもので、プロセスは一回では終わらないのです。

仕事の効率化によって仕事はサクサク進む

準備中

仕事の進め方が大きく変わる小ネタ集

準備中

仕事の進め方・基本から効率化〜振り返りまで・まとめ

準備中

この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。
スポンサーリンク

Copyright© 男性事務仕事の勘所 , 2020 All Rights Reserved.