YouTubeチャンネル登録者数を1,000人まで増やすための施策を調べてみた

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

※調査中(随時更新)

YouTube動画の投稿をするにあたり、収益化基準の一つである「チャンネル登録者数1,000人」を目指す人は多くいるでしょう。

あまりにもハードルを上げるのは逆効果とはいえ、やはりチャンネル登録者数を増やすための施策は抑えておきたいもの。

トップYouTuberのような圧倒的な影響力を持った人の戦略ではなく、10人〜100人〜300人と、着実に進むための内容を調べています。

(以下、準備中)

この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。
スポンサーリンク

Copyright© 男性事務仕事の勘所 , 2020 All Rights Reserved.