「扱いにくい部下」は結局〇〇だからそうなる!! 〜タイプ別特徴と対処法〜

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

※本記事は準備中です。しばらくお待ちください。

「扱いにくい部下」のタイプ別特徴

準備中

年上の部下は年功序列的思考を当然と思っている

年上の部下は、会社内における人間関係の中でも、やりにくい環境の代表格です。

年功序列的思考が強い人の場合、たとえ上司であっても「敬意が足りないのではないか? 」と感じてしまう態度を取ることすらあります。

いつ辞めてもいいと強気の部下は独特の雰囲気を出している

既に退職が決まっている人を見ると、独特の雰囲気を出していると感じることはありませんか?

あるいは、「この人は明らかに転職活動をしている」ことが、周りから見て一目で分かることがあります。

両者ともに会社や上司に気をつかう必要がなくなっています。

これまでなかった強気の言動と、どこか達観した冷静さを兼ね備えています。

極端な思考の部下は接し方が難しい(〜すぎる)

人の思考はバラバラであり、そこには介入することができません。

とはいえ、以下のように極端な思考を持っている部下は接し方が難しくなりがちです。

  • 自分に自信がありすぎるため尊大な態度
  • 自分に自信がなくビクビク・オドオドしている
  • 気が強すぎる、無鉄砲
  • 気が弱すぎる、石橋を叩きすぎる

見方によっては「堂々としている」「謙虚な姿勢」などの長所ではあるものの、何事も“過ぎたるは及ばざる如し”といえるでしょう。

「扱いにくい部下」の対処法

準備中

自信がある人のプライドをくすぐる

仕事の能力や経験に自信を持っている人には

  • ある程度の裁量を与える
  • 信頼している旨をうまく伝える

といった方法でプライドをくすぐってあげると効果的です。

裁量を与えた結果仕事がうまく回れば、上司であるあなたは楽になります。

一方でうまくいかない場合でも、「自信過剰だった部下の鼻っ柱を折る」意味で、ムダにはなりません。

コントロール可能な範囲で使っていきたい手法です。

ビクビクしている人には安心感を与える

いつも失敗を怖がっていたり、ビクビク・オドオドしている人に対しては、安心感を与える必要があります。

あまりにもチャレンジから逃げようとする人は、もしかすると過去に激しい叱責やひどい嘲笑にあった経験があるのかもしれません。

もちろん、自分自身の仕事には責任を持ってもらうべきです。

しかし、部下の仕事における最終的な責任は上司にあることを伝えても、決してそれは甘やかしていることにはなりません。

時にはこのくらいのことを伝えても、やりすぎではないでしょう。

辞める人には努めて冷静に接する

既に辞めることが決まっている人や、明らかに辞めるだろうと分かる人には、勤めて冷静に接することが大切です。

必要なことは、最終出社日までに適切な引き継ぎを行なってもらうこと。

もし辞める開放感から強気に出られても、それに付き合うことはありません。

業務に支障が出るか出ないかの視点を基本に、淡々と日々を過ごしてください。

「扱いにくい部下」は結局〇〇だからそうなる!! 〜共通点と最終手段〜

ここまで扱いにくい部下に関してパターンを見てきました。

実は、その根底にはありがちな共通点があります。

その点について理解が深まると、対応策も立てやすくなるでしょう。

協調性がない・負の感情を簡単に表現できる部下は結局…

「なんで上司に対してこんな態度をとることができるんだ? 」と感じてしまうような部下は、結局のところ、「自分のことをどう思われても構わない・嫌われようが、評価が下がろうが関係ない」と思っています。

ですから、協調性がなく、負の感情を周りにぶちまけることができるのです。

部下に対して強く出ることができないのは結局…

一方で、上司がそのような部下に対して強く出ることができないのは、

  • 部下に嫌われたくない
  • 強く指導した結果、辞めてしまったりハラスメント扱いされるのが怖い

といった弱気の姿勢でいることに尽きます。

「扱いにくい部下」がいる時は結局…

準備中

「扱いにくい部下」は結局〇〇だからそうなる!! 〜タイプ別特徴と対処法〜・まとめ

準備中

この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。
スポンサーリンク

Copyright© 男性事務仕事の勘所 , 2020 All Rights Reserved.