「最近仕事どう? 」と聞かれた時の最適な返答を考える

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

会社で働いている中で、「最近仕事どう? 」と聞かれることがあります。

何とも抽象的かつ話の構成まで相手に丸投げした質問について、どう返答すべきかと考えてしまったことはありませんか?

「最近仕事どう? 」と聞かれた時の最適な返答を相手の誠実さに合わせて考えていきましょう。

(※目次の項目をクリックすると、その箇所をすぐに読めます)

スポンサーリンク



「最近仕事どう? 」と聞く側の心理

「最近仕事どう? 」と聞く側の心理について紹介します。

ほとんどの場合は、返答に悩むほど誠実に考える必要はないことを知っておいてください。

あいさつと同じなので「最近仕事どう? 」に意味はないパターン

ほとんどの場合、あいさつと同じ意味での「最近仕事どう? 」が当てはまります。

仕事以外に共通の話題はないが、何か会話の糸口がほしい場合、「最近仕事どう? 」は使いやすいフレーズといえます。

ラクに「何か面白い話題はないかな」と情報収集をしたいパターン

次に、ラクに「何か面白い話題はないかな」と情報収集をしたいパターンです。

雑なフレーズで相手に質問をして、あわよくばネタを仕入れることができれば、と考えるいやらしい魂胆ですね。

本当に相手のことを気にかけているパターン

最後に、まれにではあるものの、本当に相手のことを気にかけた上で「最近仕事どう? 」と聞いてくれるパターンもあります。

これは普段の言動やものの言い方、タイミングを考慮すれば何となく分かるかもしれません。

スポンサーリンク


「最近仕事どう? 」と聞かれた時の最適な返答

「最近仕事どう? 」と聞かれた時の最適な返答をお伝えします。

相手の誠実さに応じて臨機応変に使い分けることができればベストです。

当たり障りなく無難に会話を終わらせる返答

相手があいさつがわりに使う「最近仕事どう? 」に対しては、こちらもあいさつで返してあげれば充分です。

具体的には、状況と気分に応じて以下のような答えればいいでしょう。

  • 「楽しいです」「順調です」
  • 「忙しいです」「忙しいですが充実しています」
  • 「しんどいです」「大変です」

主にマイナスな自分の状況をぶつけるカウンター返答・SOS返答

あわよくばネタを仕入れてやろうと思っているような相手には、「グチをぶつけることができるターゲットが来た」と、チャンスにしてやりましょう。

「最近仕事どう? 」と聞かれているのですから、大変な状況を「聞いてくださいよー! 」とぶつけてしまえばいいのです。

共感してもらえればそれでもいいですし、“下心”がある相手には「面倒なことになった」と今後近寄ってこなくなるメリットもあります。

あるいは、本気で心配してくれる相手であれば、「相談したいことがある」旨を伝え、SOSを発するきっかけにすることもできます。

“逆質問”をして相手をフィルターにかける返答

「最近仕事どう? 」に対して一応返した後、「(相手の)○○さんはどうですか? 」と“逆質問”するのも一つの手です。

会話のキャッチボールを楽しめる相手であれば盛り上がります。

相手にやましい意図があったり、単に雑なコミュニケーションを仕掛けてきただけの場合、予想外の返しに困った表情になるかもしれません。

このような人にとって「面倒な相手」になれば、あなた自身の身を守ることにもつながります。

「最近仕事どう? 」の関連論点

「最近仕事どう? 」に類似した質問として、「仕事慣れた? 」が挙げられます。

様々な関係性で使われる「仕事どう? 」とは異なり、上司や先輩から投げかけれらるシーンであり、意外と対応に苦慮している人も多いようです。

以下のような方におすすめです。

  • 就職又は転職してから日が浅い方→これから多くなる質問への対応方法を検討しましょう
  • 上司・先輩の立場であり、職場に新人さんを迎えた方→「最近仕事どう? 」を面倒に感じていながら、同じような質問を人にしていないか考えてみてください

 

 

スポンサーリンク


「最近仕事どう? 」と聞かれた時の最適な返答を考える・まとめ

「最近仕事どう? 」と聞かれた時の最適な返答をお伝えしてきました。

誠実な人には誠実に、そうでない人にはそれなりにコミュニケーションをすることを心がけてみてください。

それではまた別の記事でお会いしましょう。

(※↓記事が「役に立った」「使えそう」と思っていただけたら、各種SNSでシェアをぜひ! 運営者の励みになります)

この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

Copyright© 男性事務仕事の勘所 , 2021 All Rights Reserved.