仕事でなめられない方法はこれ! パターン別、今日からできる対処法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

仕事でなめられている状況は、よほど受け流すのが得意でもない限りとても不快なものです。

実際にそのような状況になってしまっている時、できることはあるのでしょうか。

 

仕事でなめられてしまう原因をおおまかに2パターン紹介し、それぞれに対処する方法をお伝えしていきます。

 

(※目次の項目をクリックすると、その箇所をすぐに読めます)

スポンサーリンク



仕事でなめられてしまうパターン

仕事でなめられてしまうパターンを紹介していきます。

オドオドしているように見えるため、なめられてしまう

いつもオドオド・ビクビクと自信がまったくないように見える人は、なめられてしまうことが多くなります。

「こいつにはなにを言っても大丈夫」と思われてしまい、毎日のように嫌な思いをしてしまうこともあります。

仕事ができないためなめられてしまう

醸し出す雰囲気になめられる要素がない場合であっても、仕事ができない人はなめられてしまう傾向があります。

加えて、「口だけは一丁前」「威勢だけはいい」ような場合、誰からも好かれるようなキャラクターでもない限り、さらになめられることになりがち。

仕事を依頼される場合も、どうせできないからと、いつまで経っても成長につながるようなものが回ってきません。

スポンサーリンク


【対処法①】仕事でなめられないために雰囲気を変える

オドオドしているように見えるため、なめられてしまう場合、雰囲気を変えることが有効です。

そうは言っても、「急に雰囲気を変えることなんてできないよ」と思われるのも自然です。

まずは取り入れることができそうな部分から試してみてください。

“フリ”でもいいので堂々としている・そうすると決める

まずは“フリ”だけでもいいので、堂々としていることを意識してみてください。

 

確かに、何事にも根拠を求める人ほど、抵抗があるかもしれません。

しかし、最初に堂々としていることで、物事が好転し「根拠が後からついてくる」ことがあります。

ただでさえ、なめられている状況には「負のループ」の側面があるのですから、それをどこかで断ち切る必要があるのです。

あいさつの仕方に注意する

堂々とすることの一環として、まずはあいさつの仕方から意識してみることがおすすめです。

 

あなたの周りには、特に威嚇するような感じではなく自然な雰囲気で自信を感じる人はいませんか?

 

そのような人を観察し、まずは姿勢や声のトーンを意識しながらあいさつを改善してみましょう。

自己主張をする・愛想笑いをしないようにする

できそうな場面からでいいので、自己主張をしてみましょう。

 

それも難しいようであれば、何か嫌なことを言われたときに「愛想笑いをしないようにする」のも一つの自己主張です。

 

何を言われても笑うことしかできなかった人が見せる小さな反抗は、堂々と自己主張ができるようになる第一歩です。

スポンサーリンク



【対処法②】仕事でなめられないために仕事で成果を出すことに集中する

仕事ができないことを理由になめられているのであれば、それを改善するしかありません。

徹底的に仕事の準備をし、結果だけにとらわれず過程も含めて自己評価してあげる

仕事ができないと思われている評価を覆すのは容易ではありません。

ですから、一発逆転をあまり意識せず、目の前にある仕事の準備を徹底的に行いながら取り組むようにしてください。

その先にある結果は、まだまだと思われるかもしれません。

それでも、以下のことを意識することで、成長を実感することができるでしょう。

  • 「仕事ができる人」と比較せず、「過去の自分」と比較する
  • 結果が変わらなかった場合でも過程の中で改善があればそれを自分で評価してあげる

仕事ができるようになった「ギャップ」を周りに見せてあげる

一度ついてしまった「仕事ができない」評価は、どうしても固定されがちです。

しかし、絶対に変わらないものではなく、捉えようによってはチャンスでもあります。

すなわち、「ギャップ」による評価の爆上がりです。

元々できる人はなかなか成長をアピールすることが難しい反面、できなかった人ほどそれが見えやすい側面もあるのです。

スポンサーリンク



変えられないことを原因になめられる時は、「よほど自信がない人なんだ」と認定する

人には頑張っても変えられないことがあります。

それは年齢や生まれ育った場所といったものです。

もし、「若造」「(地名)の田舎者」など、あなたにとって変えられないことを根拠になめれるようなことがあれば、それは100%言った側の問題です。

直接不快感を表明するか、あるいは「よほど自信がない人なんだ」と憐れむくらいしか対処法がありません。

関わるのは必要最低限にして、極力距離をとるようにしましょう。

仕事でなめられない方法・関連論点(随時更新)

「仕事でなめられない方法」の類似論点として、以下の内容を紹介します。

少しだけ視点を変えることで、よりあなたの状況にあった対処法を見つけることができる可能性があります。

雑に扱われる職場における考え方

雑に扱われる職場において、自分を変えることの大切さを解説しています。

相手を直接変えることは難しくても、まずはできることをやっていくのがおすすめです。

仕事でなめられない方法はこれ! パターン別、今日からできる対処法・まとめ

仕事でなめられない方法について、パターン別に紹介してきました。

人に対してなめた態度をとる人は、「実は弱い人」であることが多いです。

相手にとって思わぬ反撃に出てみると、あっさりと状況が変わるかもしれません。

それではまた別の記事でお会いしましょう。

(※↓記事が「役に立った」「使えそう」と思っていただけたら、各種SNSでシェアをぜひ! 運営者の励みになります)

この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

Copyright© 男性事務仕事の勘所 , 2021 All Rights Reserved.