シャイニングマンデーって何? 定着するかの境目はどんなこと?

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

どうも。

ジドウ( @jidou_jimu )です。

次は「シャイニングマンデー」だそうです。

日曜日の夜は遊び、月曜日の午前中は休むという概念が広がるのでしょうか。

報道によると、経済産業省の主導で始めるという休日に関する施策です。

もはや書くものもなぁと感じる内容ではありますが、勤め人の一人として今の気持ちを残しておきましょう。

シャイニングマンデーとは

シャイニングマンデーは月曜日の午前中を休みにする制度です。

  • 次の日の準備が気になる日曜日の夜に消費をするなど、経済の活性化になる
  • 日曜日の夜に襲われる憂鬱を解消

といった狙いがあるようです。

シャイニングマンデーとプレミアムフライデー

シャイニングマンデーと聞いて真っ先に連想するのは、当然うまくいっていないプレミアムフライデーですね。

多くの人が忙しく働いている月の最終金曜日。

この日に早く帰るのが難しければ、別の日を設定しようというのは理解できる部分もあります。

シャイニングマンデーは定着するのか?

二番煎じにすらなっていない以上、全く現実的ではありません。

プレミアムフライデーは、節目節目に検証記事を読む機会があったものの、シャイニングマンデーはそれすらないまま下火になるのでは? と勤め人の一人として感じています。

シャイニングマンデーの社会的な意義

特にないでしょう。

プレミアムフライデーもシャイニングマンデーも、「この時間は仕事をするな。適当に外出して“お上”が望む方法でお金を使え」と叫ぶだけで、働いている人のためにやっているとは思えないからです。

社会の目指すべきあり方と休暇

良くも悪くも社会人の休日について“お上”のお達しによって決まるのは何とも日本的といった趣です。

一時期の流行りから言葉として定着した感のある「ワークライフバランス」も、休む日の曜日を規定されるようなものではありません。

  • いわゆるブラック企業の働き方を社会が許さない方向に行くこと
  • ある程度は個人裁量で働く日と休む日を決められること
  • お金を落として経済社会を循環させるのが「善」であること

このような価値観がもう少し広まらないと、一部の会社で無理矢理導入されるだけになるでしょう。

わたしが死ぬ間際には「昔は最低でも8時間は会社に拘束されていたんだよ。それも週5で」と過去の話になっているといいのですか…。

それではまた別の記事でお会いしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。
スポンサーリンク

Copyright© 男性事務仕事の勘所 , 2018 All Rights Reserved.