【出生数】90万人割れの2019年、もうどんな少子化対策も手遅れである理由

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

※本記事は準備中です。しばらくお待ちください。

2019年の出生数90万人割れ・ニュース概要

2019年10月にニュースとなった出生数の見通しは次の通りです。

  • 2019年の出生数は90万人は割る見込み
  • 2016年に100万人を下回ってから3年のペース
  • 政府の想定を2年上回るスピード

この手のニュースが報道される際、セットで見聞きするのが出産や子育て支援策のさらなる充実といった通り一辺倒なコメントです。

まぁ「もう無理ですね」とは報道されないでしょから無難な内容とはなるのでしょうが、もはや事態は手遅れなフェーズに入りました。

その理由をこれから説明していきます。

もうどんな少子化対策も手遅れである理由

準備中

お金の心配と結婚出産のつながり

準備中

【出生数】90万人割れの2019年、もうどんな少子化対策も手遅れである理由・まとめ

準備中

 

この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。
スポンサーリンク

Copyright© 男性事務仕事の勘所 , 2019 All Rights Reserved.