【タブーな話? 】転職の情報をゲットするための現実的な対応策5選

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

どうも。

ジドウ( @jidou_jimu )です。

初めての転職活動をスタートするにあたって、どのように情報を集めますか?

就職活動(就活)であれば高校や大学、専門学校で情報を収集していたでしょう。

しかし、転職活動においてはそのようなことはできません。

会社内において転職の話題はタブー視されている

かつてのような終身雇用の時代ではなくなったとはいえ、まだまだ会社内における転職の話題はタブー視されています。

会社内では限定的な活動にとどめ、それ以外の方法で情報を集めなければなりません。

会社勤めをしながら転職の情報をゲットする方法

ある程度の経験を重ねているのであればともかく、特に20代であれば転職が未知なるものである人も多いでしょう。

そんな状況の中で、転職の情報をゲットするためにはどのような方法があるのでしょうか。

インターネット上の転職体験談を読む

もっとも手軽に転職に関する情報に触れることができます。

会社を辞める人から転職体験談を聞く

会社内で転職に関する話題がタブー視されているといっても、既に辞めることが決まっている人であれば話は別。

興味があることをストレートに伝えやすい上に、人によっては様々な体験談を語ってくれることでしょう。

会社内の身近な人と情報交換

いくら会社内での話がタブー視されているといっても、大っぴらに話をするわけでなければ情報交換自体は可能です。

転職エージェントから情報入手

かなり積極的に情報を入手し、場合によっては転職活動を始めたい場合は転職エージェントから情報を入手することがオススメです。

友人知人から近況を聞く

30代より上の年代になってくると

  • 結婚などによる生活パターンの変化(そもそも会わなくなる)
  • 独立して個人事業を始める人が出てくる
  • 新卒から同じ会社に勤めている人の動きは基本的になくなる

といった各自の人生を歩み始めることになり、転職の参考情報を得る機会も少なくなります。

確かに転職経験の少ない人同士とはいえ、情報交換の視点でいえば20代の頃がまだ画一性も残っているので有益なことが多いです。

会社内よりも“ぶっちゃけ話”もしやすいでしょうし、若い時期特有の悩みも共有しやすい点で気楽に話ができます。

転職の情報をゲットするための現実的な対応策5選・まとめ

このように、転職活動に関しての情報収集は就活と比べて難しいといえます。

効率的な行動でうまくやっていきたいですね。

それではまた別の記事でお会いしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。
スポンサーリンク

Copyright© 男性事務仕事の勘所 , 2018 All Rights Reserved.