職場で侮辱された時、あなたはどう考えどう行動すべきかの対処法パターン

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

※本記事は準備中です。しばらくお待ちください。

人を侮辱する人の心理と特徴

準備中

職場で侮辱された時の対処法

準備中

侮辱に対して反論したり戦ったりした際、相手の言い分・自分の葛藤に負けるな

準備中

「大人になれ」は侮辱する側の身勝手な言い分

あなたにとって不快な環境をガマンできずにいる時、「大人になれ」と圧力をかけてくる人が存在します。

侮辱されている環境であれば、「その程度で騒ぐな。コミュニケーションの一部に過ぎない」といったところでしょう。

しかし、本当に大人になるべきはどちらでしょうか。

当然、侮辱している側こそ大人になるべきです。

このような言葉に屈してしまわないようにしてください。

「昔はもっとひどかった」「この程度で…」など知ったことではない

各種ハラスメントの話題が出る際、中高年層の人を中心に

  • 昔はもっとひどかった
  • この程度でハラスメントを訴えるなんて

といった主張がなされることがあります。

しかし、今苦痛を受けている人にとって、そんなことは関係ありません。

そもそも人が受けている苦痛を比較対象にすることが間違い。

あなたの主張は、誰と比較することはなく尊重されるべきです。

こちらは傷つき怒っているのに「“冗談”で済ますつもりか」

加害者は立場が危うくなるとこのようなロジックで逃げようとすることがあります。

「単なる冗談だよ」

このような言い逃れに言いくるめられることがないよう、事前にこの反論を準備しておきましょう。

こちらは傷つき怒っているのに「“冗談”で済ますつもりか」

職場で侮辱された時、あなたはどう考えどう行動すべきかの対処法パターン・まとめ

準備中

この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。
スポンサーリンク

Copyright© 男性事務仕事の勘所 , 2020 All Rights Reserved.