上司が変わってから仕事がやりにくくなったらどうする?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

仕事をする中で、上司が変わることは大きな節目となります。

そんな中、仕事がやりにくくなったと感じることも珍しくありません。

どうしても「前の上司の方が良かった」とグチを言いたくなりますが、変わってしまった以上は今の環境でやっていく必要があります。

(※目次の項目をクリックすると、その箇所をすぐに読めます)

上司が変わってから仕事がやりにくくなった原因

上司が変わってから仕事がやりにくくなった原因を考えていきましょう。

上司の影響で職場の雰囲気が変わった

良くも悪くも上司が職場に与える影響は大きいものです。

その性格や指導法によっては、職場の雰囲気が変わることすらあります。

上司の影響で仕事の評価指標が変わった

上司による評価について裁量が大きい場合、評価指標が変わることがあります。

全社的な方針転換であればまだしも、上司一人の影響によって頑張るポイントや求められる数字の内容が変わるようであれば、戸惑いも出てくるでしょう。

上司が変わってから仕事がやりにくくなった時に考えるべきこと

上司が変わってから仕事がやりにくくなった時に考えるべきことを、複数の視点から取り上げていきます。

職場の何かが変わった時、それが全員にとって悪いことなのか

例えば、職場の雰囲気が緊張感のあるものに変わったとしましょう。

まったりとした雰囲気が好きな人であれば、それは歓迎できないものです。

しかし、人によってはそれを「ダラダラした雰囲気はいかがなものか」と捉えていたかもしれません。

そのような人にとっては、上司が変わったことはプラスに考えるでしょう。

今後の身の振り方(我慢比べ・割り切り・転職)

上司が変わったことで、職場の人が次々と退職することは、ありがちなことです。

そのくらい大きな出来事であれば、今後の身の振り方を考える絶好の機会ともいえます。

以下のような視点から、今の職場で仕事を続けるのか、あるいは転職活動をするのか、考えてみてもいいでしょう。

  • 上司は頻繁に変わる可能性があるのか or 当分今の体制が続くのか
  • 上司が再び変わるまで割り切ってガマンするのか or 転職活動をするのか、

上司の要求に応える練習と考えてみる

上司の不満を持つことは、多くの職場において起きることです。

そうであれば、ある程度割り切って「上司の要求に応える練習」としてゲームを楽しむのも一つの考え方といえるでしょう。

上司が変わってから仕事がやりにくくなったらどうする?・まとめ

上司が変わってから仕事がやりにくくなった際の原因と考えたかを紹介しました。

会社に求めることを吟味しながら、今後の身の振り方を考えてみてください。

それではまた別の記事でお会いしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

Copyright© 男性事務仕事の勘所 , 2021 All Rights Reserved.