上司との面談が怖い原因と対処法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

会社組織で働く中で、普段と異なるシチュエーションがあります。

その中で、上司との面談がある会社において、それが怖いと感じる人は多いでしょう。

そんな上司との面談について、原因と対処法を検討していきます。

(※目次の項目をクリックすると、その箇所をすぐに読めます)

上司との面談が怖い原因

上司との面談が怖い代表的なものとして以下のような内容があります。

単独又は複数の組み合わせで成り立っているといえるでしょう。

「上司との面談」のシチュエーションそのものが怖い

多くの会社において、上司との面談は毎日行われるものではなく、非日常の性格を持っています。

そんなシチュエーションですから、上司との面談そのものが怖いと感じるのも仕方ありません。

叱責が怖い・話をするのが怖い

上司との面談の内容は、会社の考え方によって様々です。

冷静に振り返りと今後のことを話し合える雰囲気であればそれほど問題にはならないでしょう。

しかし、メインが叱責になるような面談になってしまうと、やはり嫌なものです。

それに対して反撃や弁明をしても、さらに強く押さえつけられるようなものであれば、その苦痛は一層強くなります。

上司が怖い

ただただ上司が怖い職場において、2人になる面談は当然怖いものになるでしょう。

上司との面談が怖い原因別対処法

上司との面談が怖い原因別対処法を考えていきます。

就職又は転職の面接をイメージする・上司の立場をイメージする

就職をしているということは、その際に面接を経験しているはずです。

その時の緊張感に比べれば、たかが面談と考えることができます。

「いきなりそんなこと考えられない」と却下するのではなく、最初は気楽に「そうかもしれないな」と感じてもらえれば、第一歩を踏み出したといえるでしょう。

また、どうしても上司との面談というと、部下の立場の側だけプレッシャーを感じていると思われがちです。

しかし、上司も人間。

程度の差はあれ、上司の側も「話すのは緊張する」「パワハラと思われるのが怖い」「定期的に面談をするのは面倒だ」と感じている可能性だってあるわけです。

上司も「仕事の一環として止むを得ずやっている」と考えてみてください。

できる限りの準備をして上司との面談に臨む

どのような質問が来るか分からない就職における面接とは異なり、多くの面談はやることが決まっています。

ですから、ある程度準備することも可能です。

話をする内容、やりとりをする際のシミュレーション、余裕があれば話し方の練習など、足りないと感じることについて、できるだけ準備をすれば余裕が生まれることが期待できます。

上司に対してビクビクしてしまうことへの反応に対処する

面談以前に上司に対してビクビクしてしまっている場合、ある程度自分自信を強く保つ必要があります。

(以下準備中)

上司との面談が怖い原因と対処法・まとめ

上司との面談が怖い原因と対処法について検討してきました。

「怖い」の中でも、それがどのような原因によるものかを把握し、できることから対処していってください。

それではまた別の記事でお会いしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

Copyright© 男性事務仕事の勘所 , 2021 All Rights Reserved.