ビクビクしながら仕事をするのはもう嫌だ! と感じた時にダメ元で試したいこと

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

組織の中で働く際、辛いと感じることの一つに

ビクビクしながら仕事をしている

ことが挙げられます。

それは、元々気が弱かったり、周りが怖い年長者ばかりであったりと原因は様々。

別に偉そうにする必要はないものの、せめて誰に対しても“普通に”接したいと感じることもあるのではないでしょうか。

あなたが「ビクビクしながら仕事をするのはもう嫌だ! 」と日々感じながら過ごしているのなら、ぜひこの内容を参考に意識改革を図ってください。

(※目次の項目をクリックすると、その箇所をすぐに読めます)

ビクビクしないための基本的な考え方・態度

まずはビクビクしないための基本的な考え方と態度について考えていきます。

ビクビクしないために腹を括る

「腹を括る」は今どきあまり聞かなくなった表現かもしれません。

その分、非日常的な響きと相まってパワーがみなぎる感覚を持つことができます。

ビクビクしないために覚悟を決める

表現としては「覚悟を決める」の方が一般的かもしれません。

ビクビクしながら生きていても、それは過去のもの。

覚悟を決めて生まれ変わることに遅すぎることはありません。

ビクビクしないために堂々としている

これは人からどう見られているかにフォーカスした態度のお話です。

内心はビクビクしたままでも問題ありません。

まずは、内心がどうであろうと堂々としたふりをするのです。

「もし何か言ってきたらやり返すからね」と言わんばかりの雰囲気を出しましょう。

ビクビクしないために○○の助けを借りる

ビクビクしてしまうことがクセになっている時は、何かの助けを借りることが突破口になります。

あるいは、ここまでで紹介したことについて「それができないから困っているんだ」と感じた時も役に立つでしょう。

具体的には言葉・名言、アイテム、BGMについて見ていきましょう。

ビクビクしないために言葉・名言の助けを借りる

書籍やインターネット記事など、様々な媒体で言葉・名言を見ることがあります。

その中で、あなたにとって響くものがあればメモするなど、助けとなるものをストックしておきましょう。

定期的に見返したり、何か必要がある際に見返すと、そのつど勇気づけられます。

ビクビクしないためにアイテムの助けを借りる

準備中

ビクビクしないためにBGMの助けを借りる

ボクシングなど格闘技の試合では入場シーンが一つの目玉となります。

その際、選手はお気に入りの入場曲が流れる中で意気揚々と歩いてきますね。

当然、気分が高揚し戦闘意欲を高めるBGMであるはずです。

これは格闘家でなくても使えるテクニック。

出勤時にイヤホンで聴くことや“脳内で再生”することで、堂々とした雰囲気を出す手助けとしてください。

ビクビクしないために○○と考える・妄想する

あることを考えたり妄想したりする視点から、ビクビクしないようにすることを考察していきましょう。

「何で自分がビクビクしなくちゃいけないんだ!? 」と考える

準備中

「次に何か危害を加えてきたら○す」と考える

準備中

「優しさを自分自身に向ける」と考える

準備中

ビクビクせずに戦った体験談

準備中

北○鮮そっくりなブラック企業の会長

規模はそこそこあるものの、実質的な支配は創業社長から退いて会長になった人間とその親族。

後任の社長は息子という、北朝○そっくりな会社がありました。

ずっと好き放題言われていた

「自分の発言と矛盾することを平気で言う」「一貫性がなく、思いつきの指示ばかり」など、ずっと好き放題言われていました。

○朝鮮のトップ相手ですから、残念ながら言い返すことがなかなかできません。

不快感ばかりが膨らむ日々が続きました。

ブチ切れて怒鳴りつけ続けた

ある日、いつものように意味不明な指示をされていました。

その時は、訳あって周りには同僚がいない社長室内での出来事。

何となく「やり返すなら今かな…」と考えていました。

そして、人の神経を逆撫でする一言が出てきた瞬間、プチッときたのです。

人生でもほとんどなかったレベルの憎悪を持って社長に対して言い返し、罵倒し続けました。

相手にどの程度効果があったのかは不明であるものの、やればできるのです。

ビクビクしながら仕事をするのはもう嫌だ! と感じた時に読みたいツイート

準備中

ビクビクしながら仕事をするのはもう嫌だ! と感じた時にダメ元で試したいこと・まとめ

準備中

 

この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

Copyright© 男性事務仕事の勘所 , 2020 All Rights Reserved.