新庄剛志氏トライアウト挑戦の結果・反応とオファー球団がなかった理由考察

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

※本記事は準備中です、しばらくお待ちください。

新庄剛志氏トライアウト挑戦の結果(2020年)

準備中

新庄剛志氏トライアウト挑戦に対する各界の反応

準備中

新庄剛志氏トライアウト挑戦結果に対しNPB球団からのオファーがなかった理由

新庄剛志氏のトライアウト受験後、NPB球団からのオファーはありませんでした。

プロ野球解説者のコメントなどを踏まえ、その理由を考えていきます。

支配下登録枠を使う価値と選手としての能力とのバランス

近年、育成を基礎とした戦力の若返りを図る球団が増えてきました。

そうなると、ベテランの域に入った選手に対する見方は厳しくなってきます。

とはいえ、新庄氏ほどの実績を持つ選手に育成契約を打診するのは現実的ではないでしょう。

そうなると、支配下登録枠として一年間やっていけるかの判断が球団に求められます。

そうなった時、「支配下登録枠を一つ使ってまで獲得する選手ではない」と考えるのは仕方ないことかもしれません。

球団運営上のマイナス要素と向き合うのが難しい

一人のスーパースターが入団した際、その偉大さゆえに扱いに困ることがあります。

さらに2020年オフ時点では、コロナ禍における各種の制約によりイレギュラーな事案も多数。

経済効果といったプラス要素と天秤にかけて、そのマイナス要素と向き合うのが難しい時期といえるでしょう。

既に新庄氏を「客寄せパンダ」として使う段階ではなくなった

かつてメジャー帰りの新庄氏が日本ハムファイターズに入団した時は、まだまだパリーグの改革時期にありました。

しかし、時は流れてパリーグは人気・実力ともに飛躍を遂げています。

各地の独立リーグであればともかく、既に新庄氏を「客寄せパンダ」として使う段階ではなくなりました。

新庄剛志氏トライアウト挑戦が教えてくれたこと

準備中

「挑戦することそのもの」のかっこ良さ・いさぎよさ

NPBの選手がメジャーリーグ挑戦を表明することに対して、以下のようなリアクションがしばしば見られます。

それは

〇〇選手は「通用しない」

です。

しかし、どんな挑戦であれ「ぜったいに成功する」ことはあり得ません。

逆に、NPBの成績として同程度の選手がうまくいかなかったとしても、当該選手が失敗するとは限りません。

いずれにしても「やってみないと分からない」のです。

新庄氏のチャレンジについては、年齢とブランクにフォーカスすれば“無謀”なものでしょう。

しかし多くのファンは、そうだと分かっていても「挑戦することそのもの」を称賛しました。

一見して現役時代と変わらない体型を見てその本気度が伝わったのだと考えられます。

「もしかしたら」と思わせる挑戦には笑う人がいなくなる

何かの挑戦を表明した人や行動を始めた人。

このような人はしばしば人から笑われることがあります。

しかし、徐々にその人を見る目が変わってくるんですね。

「もしかしたらできるかも」と思った時、笑うことをやめるのです。

しかも、現役時代に数々の奇跡を起こしてきた新庄氏。

比較的早くからファンから期待の声が聞こえてきたのは自然なことでしょう。

新庄剛志氏トライアウト挑戦の結果・反応とオファー球団がなかった理由考察まとめ

準備中

この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。
スポンサーリンク

Copyright© 男性事務仕事の勘所 , 2020 All Rights Reserved.