職場に居づらい原因及び対処法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

何らかの理由によって職場に居づらいと感じるのはストレスになるものです。

場合によっては辞めたいと感じることすらあるものの、その一方で「この程度で退職するのはちょっと…」と心が揺れ動くこともあるでしょう。

ここでは、職場に居づらい原因と対処法、さらに複数の視点を提示しつつ退職の検討についても考察していきます。

(※目次の項目をクリックすると、その箇所をすぐに読めます)

職場に居づらい原因

ある時から職場に居づらくなる時、ターニングポイントなった出来事があります。

仕事上のミスをしてしまい職場に居づらい

仕事でミスをしてしまった時、その影響度によっては職場に居づらくなることがあります。

人間関係がうまくいかないので職場に居づらい

人間関係がうまくいかないと職場に居づらくなるのは、どうしても同じ場所で過ごす時間が長いほど生じてしまいがちな現象です。

雰囲気その他の理由から何となく職場に居づらい

準備中

職場に居づらい時の対処法

では、これらの原因を踏まえた上で、どのように対処していけばいいのでしょうか。

“鈍感力”を発揮して淡々と毎日を過ごす

会社に居づらいと感じる人は、どちらかといえば繊細な人です。

「仕事は給料のためにやるもの」「仲良しである必要はない」と割り切り、いわゆる“鈍感力”を意識することで解決することがあります。

信頼できる人に相談する、その他の行動を積極的に行う

職場に居づらいと感じている時、「周りのみんなはうまくやっているのに」と落ち込んでしまいがちです。

もし職場に信頼できる人がいれば、ぜひ話すことができる範囲で相談をしてみましょう。

必ずしも解決策が得られるとは限りません。

それでも、状況を共有すること自体に意味があります。

あるいは、意外と多くの人が職場に居づらい・環境が悪いと感じているなど「みんな同じじゃないか」と安心することもあるかもしれません。

「職場に居づらいから辞めたい」からの退職はアリなのか?

「職場に居づらいから辞めたい」と言うと、人によっては甘え扱いしてくるかもしれません。

しかし、人の辛さは当人しかわかりません。

場合によっては退職を検討することもある状況です。

職場や仕事に求めることの優先順位を把握する

職場に居づらいといっても、その構成要素は様々です。

既に紹介したことを中心に、要素を細分化しながら、何が自分にとって大事なのかを検討していくことが有効です。

職場に居づらい原因の改善可能性を検討する

職場に居づらい原因には、改善の可能性があるものとないものが存在します。

例えば、職場に一番求めることについて、その改善可能性がゼロであれば、その職場でやっていくことは厳しいでしょう。

逆に、ミスが多いことなど、自分の頑張りと工夫で何とかなる可能性が高い項目であれば、辞めることまで考える必要はなくなります。

職場に居づらい原因及び対処法・まとめ

職場に居づらい原因及び対処法を検討してきました。

対応できることには対応し、そうでないことは極力受け流し、致命的かつ自分ではどうしようもないことがあれば、今後の身の振り方を考えてみてください。

それではまた別の記事でお会いしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

Copyright© 男性事務仕事の勘所 , 2021 All Rights Reserved.