【身近な働き方改革】祝日を月曜日にするより水曜日の方が幸せな理由

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

どうも。

ジドウ( @jidou_jimu )です。

かつて特定の日が祝日だったものが「第○月曜日」のように変わったことを知っていますか?

例えば、成人の日や体育の日が当てはまります。

月曜日が休みになることで三連休が増え、旅行の需要などを見込んでのことでしたがどうでしょうか。

あまり旅行に行かない人間にはありがたみが少なく、もっと幸せになれる祝日のあり方が「水曜日の祝日を増やす」です。

その考え方について検討していきましょう。

週の真ん中を祝日にする事で得られる圧倒的な幸福感

極論すれば、月曜日が祝日になることで「日曜夜の憂鬱」が月曜夜にズレ込むだけだったりします。

しかも、二連休の場合よりも「連休が終わる喪失感」が大きくなり、「会社に行きたくない」症状の悪化すら出る人もいるでしょう。

その点、水曜日が祝日になることで得られるのは「金曜日の開放感」を週に2回味わうことができること。

しかも、それがたった月曜火曜あるいは木曜金曜の2日で来てしまうのですから、精神的な余裕が違います。

疲れが出てくる水曜日が休みになる体力的なアドバンテージ

多くの人にとって、体力的にキツくなってくるのが水曜日あたりからで、木曜日にピークが来て、金曜日は「明日は休み」モードになります。

そんな疲れの入り口のような日が休みになれば、その週の体力的な充実度は他の週とはまるで違ってきますね。

はじめに挙げた精神的な余裕度に加えて、肉体的にもある種「2日の勤務をを2回繰り返すだけ」のサイクルは本当に楽です。

水曜日が“祝日”であることの意味

これほどメリットがあるのなら、「有給を取って自分で楽な週を作ればいいじゃないか」と思われるかもしれません。

ただ、業種業態による違いはあれど、一週間という流れがある中で真ん中の水曜日を有給にするのは“根回し”が大変だったりします。

やはり“祝日”の強制力があることで、メリットが最大になるのですね。

個人個人でなんとかなる事ではないとはいえ、今後は水曜日の祝日が増えないなかぁと思ってしまうのでした。

それではまた別の記事でお会いしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。
スポンサーリンク

Copyright© 男性事務仕事の勘所 , 2018 All Rights Reserved.