転職初日(初期)の強烈な不安と緊張を和らげる〜項目と対処法〜

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

どうも。

ジドウ( @jidou_jimu )です。

現代の働き方として、転職は珍しいことではなくなり、日々中途採用の人を迎え入れるようになっています。

 

とはいえ、どんなに経験値の高い人であっても転職したばかりの時期、
特に転職初日は不安が大きいもの。

 

今読んでいただいているあなたも、まさにそのような時期にあるのかもしれません。

今回は、転職したばかりの時期(転職初日)の不安について、その項目と対処法をお伝えします。

以下、見出しを除き、転職初期を含めて「転職初日」表記としてお伝えします。文脈やご自身の状況に応じ読み替えながら読み進めていただくようお願いします。

(※目次の項目をクリックすると、その箇所をすぐに読めます)

スポンサーリンク



転職初日(初期)に不安になる項目と、それが当然である理由

転職初日が不安になる要素として、以下の項目が特に気になるものになります。

 

一日の多くを一緒に過ごす人あるいは環境でありながら、蓋を開けてみるまでどうなるか分からないのがその原因といえるでしょう。

 

転職先における職場の人間関係が不安

「会社を辞める本音ベースの理由(原因)」では第1位に君臨するのが人間関係です。

それはすなわち、これからの勤め先においても職場でやっていけるかの分岐点となります。

もし前の職場で人間関係がうまくいっていなかったとすると、「また同じことを繰り返すのではないか? 」と不安になるのも無理はありません。

転職先の仕事内容と難易度についていけるか不安

新卒入社とは異なり中途採用の場合は、仕事内容について求められる大まかな部分は分かっているはずです。

 

ただ、

  • 仕事の細部
  • 業界の商慣習
  • 会社特有のやり方

は何とも言えない部分。

 

なまじ経験があるだけに、「仕事を分かっていない人と思われたらどうしよう? 」と不安になりがちなのがこの項目です。

転職先における職場の雰囲気(社風)が自分に合うか不安

人間関係の延長として、職場も雰囲気(社風)が自分に合うかも重要です。

落ち着いた雰囲気が好きな人にとって、体育会系の部活のような雰囲気は辛いですし、逆もまたしかり。

転職先における働き方全般が自分に合うか不安

働き方は究極的には自分で決めるものです。

ただ、職場の「空気を読め」という無言の圧力や、直接的な同調圧力もあるかもしれません。

ライフスタイルや価値観の多様化でお互いを尊重している職場であるかの重要性は高まる一方でしょう。

スポンサーリンク



転職初日(初期)の不安を和らげる方法

このような転職初日の不安を和らげるには、項目に合った内容で一つずつ対処していくしかありません。

これからご紹介する内容は、残念ながら( ? )目新しいものではないでしょう。

裏を返せば、この程度のことを意識すれば大丈夫。

なぜなら、既に前職までの仕事を経験しているからです。

自信を持っていきましょう。

まずは挨拶をしっかり(できれば笑顔で)

圧倒的多数の人が、小さな頃から挨拶をしっかりするよう言われてきました。

 

しかし、誰でもできそうな挨拶だからこそ、できない人のマイナスは大きくなりがち。

 

緊張して声が震えてしまっても、どもってしまっても構いません。

 

最低ラインの挨拶をクリアしましょう。

 

笑顔でいることまで気を使うことができれば最高ですね。

最初は無難でOK! 奇をてらう必要はない

転職先での初日を張り切って迎えるのは結構なことです。

ただ、何かをやってやろうと奇をてらった行動をする必要はありません。

 

最初は無難でOKです。

 

「鉄板の自己紹介」ができれば満点だと考えてください。

ちなみに、一番最初の自己紹介で“自分語り”に入ってしまった人を見たことがあります。

印象は最悪ですので、お願いですからやめてほしいです…。

転職初日は持ち物のチェックを忘れずに

転職初日の不安をできるだけ和らげるために、極力平常心で過ごすことが大切です。

 

出社前は、持参することを求められた書類などを忘れないように持ち物をチェックをしましょう。

 

もし忘れ物があっても「では明日お願いします」と言われるくらいで、それ以上のことはないはずです。

それでも、避けられる動揺はしないに越したことはありません。

転職先で周りはそこまで自分を気にしていない?

ここまで、不安を和らげる方法としてお伝えした内容の前提として、そもそも論についても触れておきます。

 

それは、実は「周りはそこまで気にしていないということです。

 

嬉しいような悲しいような、日々仕事をする中で、直接関わりを持つ人以外はなかなか新しい人にまで気が回りません。

また、まだ日の浅い人に対して「もう昔からいるみたいだ」と評したのを聞いたことがあるかもしれません。

そう、すぐにあなたは職場の日常に溶け込みます。

「新しく入った人」扱いはすぐに終わりますから、過度に意識しなくても大丈夫です。

スポンサーリンク



転職した自分に自信と誇りを持とう

冒頭で、転職は珍しいことではなくなった旨をお伝えしました。

 

そうは言っても、職場を変えることにはかなりの覚悟と行動力を必要とします。

 

たとえ前の職場が嫌だったことがモチベーションだったとしてもいいのです。

 

転職活動という行動を起こし、実際にそれを成し遂げたあなた自身に自信と誇りを持ってください。

 

そうすれば、転職初日の不安と緊張感など取るに足らないものになるはずです。

スポンサーリンク



転職初日(初期)の強烈な不安と緊張を和らげる〜項目と対処法〜

今回は、転職初日の強烈な不安と緊張について、その原因と対処法をお伝えしました。

「自分を良く見てほしい気持ち」と「出しゃばり過ぎない」感覚に折り合いをつけて、最高の再スタートを切ってください。

それではまた別の記事でお会いしましょう。

(※↓記事が「役に立った」「使えそう」と思っていただけたら、各種SNSでシェアをぜひ! 運営者の励みになります)

この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。
スポンサーリンク

Copyright© 男性事務仕事の勘所 , 2019 All Rights Reserved.