上司からの「がっかり/失望した」「期待外れだった」に落ち込まないための考え方

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

日々仕事をしている中で、上司からひどい言葉を浴びせられることがあります。

 

その中でも

  • がっかりした
  • 失望した
  • 期待外れだった

といった、直接的な表現は大きなダメージを受けてしまいがちです。

 

このような言葉に対して、あなたが傷つかないための考え方を紹介していきます。

(※目次の項目をクリックすると、その箇所をすぐに読めます)

スポンサーリンク



上司からの「がっかり/失望した」「期待外れだった」に落ち込むことはない

上司から唐突に「がっかりした」「失望した」と言われても、あなたが落ち込むことはありません。

その理由を3つ紹介していきます。

がっかりする前提として「高すぎる期待値を勝手に設定」している

最初からまったく期待していない人に対して人間はがっかりすることなどありません。

 

つまり、がっかりする前提として「高すぎる期待値を勝手に設定」していることが挙げられます。

 

よっぽど大風呂敷を広げる言動をあなたがしているのでなければ「勝手に期待しておいて勝手に失望するなよ」と考えて問題ありません。

デリカシーのない言い方と人間性の問題がある

人間社会にはどうしても「言われたら相手がどう思うか? 」に意識を向けることができない人が存在します。

 

そんなデリカシーのない言い方ができるような人間性は、もちろん言った本人の問題であり、本人の責任です。

 

「がっかりされてしまったのは自分の力量不足だ」と、自信喪失するのはバカバカしいですね。

相手を選んでの卑怯な発言をしている

相手を選んでの卑怯な発言については、部下から上司への失望を例に考えてみましょう。

新しくあなたの上司になった人が、能力・人間性ともに評判の人だったとしましょう。

あなたの期待値は高まっているはずです。

しかし、思ったほどでなかった時、部下はがっかりします。

そんな時、部下が上司に対して「あなたにはがっかりしました」と直接伝えるでしょうか。

あまりないパターンですよね。

 

すなわち、強い立場である上司が弱い立場である部下に対して言っている、言い換えれば相手を選んでの発言なのです。

 

そんな卑怯な言葉に傷つくことはありません。

スポンサーリンク


上司からの「がっかり/失望した」「期待外れだった」に対処する考え方(有益ツイート)

「がっかり/失望した」「期待外れだっだ」といったセリフに対し、ズバッと切るツイートに共感の声が高まりました。

その中でも代表的なものを紹介していきます。

「その人が思う通りにあなたが動かなかった」だけ

文章中にもあるように、「その人が思う通りにあなたが動かなかった」だけ。

ですから、自己肯定感を下げてしまったり罪悪感を感じてしまうことはありません。

準備中

準備中

スポンサーリンク



万が一「がっかり/失望した」「期待外れだった」の原因がある場合

あまり多くないケースではあるものの、客観的に見て「言われても仕方ない」こともあります。

あなたがこのケースではないか、念のため確認しても損はないでしょう。

もちろん、関係なければ「そんな人も世の中にはいるんだね」と流してもらえればOKです。

面接時・入社後に大風呂敷を広げすぎた場合

入社の面接時に、どうしても自分自身を強くアピールしたいがため、本来の能力より大風呂敷を広げてしまうことがあります。

周囲の人に対してこのような期待値を持たせてしまうと、結果としてがっかりさせてしまうことがあるでしょう。

上司にがっかりされる必然性

多くの場合は「上司が勝手に期待して勝手に失望する」パターンです。

一方で、本人が大風呂敷を広げてしまった場合、がっかりされるのは残念ながら必然。

リカバリーしていくことが欠かせません。

自分に責任があれば、信頼の回復に努めるしかない

このような事情で失望を招いたのであれば、信頼の回復に努めるしかありません。

ただ、これについての特効薬を挙げることは難しく、日々の仕事を着実にこなしていくのが結果として近道です。

スポンサーリンク


上司からの「がっかり/失望した」「期待外れだった」に落ち込まないための考え方・まとめ

準備中

(※↓記事が「役に立った」「使えそう」と思っていただけたら、各種SNSでシェアをぜひ! 運営者の励みになります)

この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。
スポンサーリンク

Copyright© 男性事務仕事の勘所 , 2020 All Rights Reserved.