連休に片付けと用事をまとめて進めるために必要な〇〇る行為

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

どうも。

ジドウ( @jidou_jimu )です。

普段、仕事に追われていると「今度の連休にまとめて片付けと用事をすませよう」という意識になることがあります。

一応やることの一覧は手帳などに書いておくものの、いざ実際に連休になるとほとんど手につかず、自己嫌悪に陥ってしまうことも。

そして、また「次の連休こそ」と同じことを繰り返したりするわけです。

この悪循環を止めるには、ちょっとしたポイントがあります。

必要なこと、不要なことの両方をぜひ確認してください。

(※目次の項目をクリックすると、その箇所をすぐに読めます)

連休に片付けと用事をまとめて進めるために必要なことは…?

多くの人は普段の仕事、日常の仕事や家事に追われています。

そんな中、連休にまとめて…というのは自然なこと。

とはいえ、いざその時になると何もできずに終わるのは辛いものです。

そのために使える考え方は…。

ほんの少しでいいから手をつけておく

これにつきます。

連休でやろうとしていることに「ほんの少しでいいから手をつけておく」のです。

言ってみれば「一口かじる」のを習慣にするわけですね。

何かを進める時、0から10まで仕上げるのは大変なこと。

さらに、0から1もエンジンをかけるのは大変なのです。

そこで、「ほんの0.1でも構わない意識」で“触った形跡がある”状態にします。

すると、たとえ0.1でも連休中は「途中から」の用事に変わります。

一つ例を挙げておきましょう。

クリーニング店に行くことを想像してください。

持っていく衣服を準備するのは面倒でも

  • 持っていくための袋を準備する
  • ポイントカードを確認しておく

くらいはすぐにできるでしょう。

これを前日までにやっておくのが、ここで言う「かじる」にあたります。

やることをランク付けする

やることをランク付けすると、消化不良なく物事を進めることができます。

  • 何がなんでも終わらせること
  • できれば進めておきたいこと
  • ついでの用事
  • まぁ時間があれば

といった内容を分けておきます。

「何から始めればいいのか分からない」が防止できますのでおすすめです。

連休に片付けと用事をまとめて進めるために不要なことは…?

完璧主義はぜひ捨ててください。

いくら連休とはいっても、やりたいこと・やるべきことを10も20もリストアップして全てを片付けるにはムリがあります。

上記のランク付けとも関連して、「必ずやること」は最小限にとどめましょう。

そのマインドで、「最低限やること」が終われば万々歳で臨めば、不思議と進み方がスムーズになりますよ。

連休に片付けと用事をまとめて進めるために必要な〇〇る行為・まとめ

連休に片付けと用事をまとめて進めるために、必要なこと・不要なことをお伝えしました。

完璧主義を捨てる、やることのランク付けをする、連休前にかじっておく、これをぜひ試してみてください。

それではまた別の記事でお会いしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。
スポンサーリンク

Copyright© 男性事務仕事の勘所 , 2018 All Rights Reserved.