優しい人になりたいのであれば知っておきたい動機の話

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

様々な事情により、「優しい人になりたい」と考えることがあります。

それ自体は悪いことではないものの、無理が生じてしまうことがあるかもしれません。

一方、動機があれば劇的に人が変わることもあり、周りからの見る目が変わる可能性もあります。

(※目次の項目をクリックすると、その箇所をすぐに読めます)

優しい人の特徴&優しい人になるために必要なこと

優しい人の一般的な特徴をお伝えしていきます。

それは優しい人になるために必要なこととも一致します。

柔らかい物腰と親切心

「普段は怖いけれど実は優しい人」といったケースを除き、多くの場合は柔らかい物腰と親切心を持っています。

付帯する「謙虚な姿勢」や「人によって態度を変えない」ことは、周りの人に優しい人の印象を強くするでしょう。

見返りを求めない人助けなどの行動

親切心を持った上で、困っている人を助ける行動は優しい人の特徴といえます。

その中に見返りを求めたり恩着せがましい物言いがなければ、自然なものといえます。

なぜ優しい人になりたいのか〜動機の話〜

ここまで優しい人についてお伝えしてきました。

ただ、そもそも論として、なぜ優しい人になりたいのかの部分が「なんとなく」であったりすると、続かないことになりがち。

この動機の部分は自分自身で明らかにしておく必要があります。

「人間関係が破綻した人を見て“あのようにはなりたくない”反面教師」「尊敬できる優しい人のようになりたい」のように、良くも悪くも人を見て我が身を振り返るきっかけは、効果が高い動機です。

この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

Copyright© 男性事務仕事の勘所 , 2021 All Rights Reserved.