「優しい人ほど怒ると怖い」と感じる理由と対策

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

職場や学校で「優しい人ほど怒ると怖い」と感じたことはありませんか?

普段と違う様子を見て驚き、場合によってはそれ以降の認識がひっくり返るほどのインパクトが生じることも。

そのように感じる理由及び、普段優しい人との接し方について考えていきます。

(※目次の項目をクリックすると、その箇所をすぐに読めます)

「優しい人ほど怒ると怖い」と感じる理由

「優しい人ほど怒ると怖い」と感じる理由から紹介していきます。

普段との様子のギャップにより怖いと感じる

人はギャップによって強い印象を受けることがあります。

例えば、SNSにおいて「怖そうな見た目の人から親切にされた」エピソード見かけます。

これは、怖そうな見た目と親切のギャップによって印象的なものになっています。

ですから、普段優しい人が怒ることで、普段から怖い人が怒るよりも大きな衝撃を受けるわけですね。

単に声を荒げるのではなく“本質”を突いてくることが多い

普段から怖い人は、ちょっとしたことで声を荒げています。

怒ることについての“沸点”が低いため、あまり内容がないことも。

そうなると、人はだんだん慣れていってしまうことがあります。

一方、普段は優しい人の場合、声を荒げつつも相手の不誠実さを論理立てて責めるため、より怖さが引き立つのです。

今後の人間関係がどうなっても構わない覚悟を持って徹底抗戦する

普段から怒っている人にありがちなこととして、後で軽いノリでのフォローを入れてくることがあります。

一方、普段優しい人が怒った場合、もはやリカバリーなど考えていないことも。

徹底抗戦の姿勢で、憎悪を向けられた人は完全降伏くらいの態度を見せないと許してもらえないことすらあります。

普段優しい人との接し方

「優しい人ほど怒ると怖い」理由を知った上で、そのような人とは普段どのように接すればいいのでしょうか。

他の人と同じ態度で接する

当然のことではあるものの、意外とそれを分かっていない人もいるのが「他の人と同じ態度で接する」ことです。

優しい人だからと、他の人にはしない失礼な言動をする、は優しい人が憎悪を持つ典型的な態度です。

「ガマンしているかも」「見逃してくれているかも」の前提を持つ

言い返してこない人は、どうしても舐められやすい傾向にあります。

ただ、それは何とも思っていないのではなくガマンしているだけであることも。

それを認識すれば、安易に失礼なことなどしなくなるでしょう。

事前の“警告”はないものと考える

さらに、優しい人が怒る時、事前の“警告”はないことが多いです。

「このくらいなら大丈夫だろう」と思っての言動に対して、他の人より高い“沸点”を越えた時、もう修復不可能なほどの抵抗を受けるかもしれません。

「優しい人ほど怒ると怖い」と感じる理由と対策・まとめ

「優しい人ほど怒ると怖い」と感じる理由と対策を紹介しました。

基本的には、よほどのことがない限り、怒りを買うことはありません。

人の優しさに甘えずに、敬意を持って人とは接したいものです。

それではまた別の記事でお会いしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

Copyright© 男性事務仕事の勘所 , 2021 All Rights Reserved.