退職の意思に対して「責任感がない」ことを責められる筋合いはない

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

今の勤め先を辞める時、できれば嫌な思いをすることなく最終出勤日を迎えたいものです。

しかし、世の中うまくいくことばかりではなく、人によっては上司から「責任感がない」ことを責められてしまうことがあります。

ただ、これは上司の身勝手な思い込みであったり、あなたの良心につけ込んだ卑劣な引き留め工作だったりします。

ですから、「できるだけ漏れのないよう引き継ぎをする」「手続きを然るべき時期に行う」といった責任さえ果たせば、それ以上のこと言われる筋合いはありません。

代わりの人員を補充する責任は上司であり‪会社が負っています。

この記事を書いている人 - WRITER -
国家試験の勉強に挫折した“資格崩れ”から立ち直り、経理を筆頭に事務仕事を複数経験した男性。女性の多い職場で立ち回って(?)きました。仕事術・挫折からの復活・その他の分野について、複数のブログを運営中。

Copyright© 男性事務仕事の勘所 , 2022 All Rights Reserved.